kikkiiのブログ

ひきこもり

2019年1月28日

まぶたの裏から空へと飛んで街の光を見下ろしてキレイだな。私たちはいま光らない光のような浮遊体だ。燃えていない星のような空間の歪みだ。あなたが私を想像するときたゆたう。私があなたを想像するときたゆたう。イヌやネコのように言葉を話せないものが押したり引いたりぶつかったり離れたりしているね。

みそぎ

水中毒かつ喫煙者の母の体が急速に悪くなってきている。「あと1、2年の命ではないか」と父は言っていた。

父は死ぬ前の思い出づくりのために母を温泉に連れて行こうと思っているようで、去年、父親と母親と私で温泉がある宿に何回か泊まった。

今年の1月10日にも、温泉に行くことになった。


私の父親は温泉が好きだ。車で行ける距離のいくつかの行きつけの日帰り温泉に週2日~4日ぐらい、回数券を買って通っているようだ。私が子供の頃からそんな感じで、誘われて私もよく温泉に行った。帰り道、古本屋に寄って、父親は本を買っていた。私も1冊買っていいことになっていた。

母親はたまにしか温泉に行かなかった。温泉が好きではないのかと思っていたが、去年温泉に行ったとき、一日に何回も温泉に浸かっていたので、嫌いではないのだろうと思った。眠れないからといって真夜中にも温泉に浸かりに出て行った。禊をしているみたいだと思った。

父も昔から禊をしているみたいだと思った。父がなぜそんなに温泉が好きなのか疑問だったが禊だったのかと解釈すると腑に落ちる。


禊というものが気になってきて『古事記』現代語訳の「身禊」の意義が語られているところをそこだけ読んでみた。

禊をしていると何故か神様がたくさん出てくる。イザナギの命が黄泉の国から帰ってきた穢れを禊で清めようとするとその過程のなかで、湯煙が湧いてくるみたいに神様が色々出てくる。

「禊をしたい」という感覚は神様がたくさん出てくるような大事なことだ、という主張を、「温泉に浸かるというのを禊の一種だ」と解釈できるなら、この感覚に、私は親しみを感じる。


「黄泉の国から帰ってきたときの穢れを落とすことに神が宿る」というメタファーからは、神社に参拝することや、たとえば山歩きとか、たまに気を失うぐらい大酒をくらうとか、頭の中にあるモヤモヤを書き残して置かないとさっぱりしないこととか、色々な変種が出てくるようで、その禊というある種の芸術観で自分が生きようとする世界を解釈していくと希望が持てる気がしている。


そういえば2019年になった。あけましておめでとうございます。今年は「禊」という視座に自分を置きたいという気持ちです。

2019年1月3日 初夢

今年の初夢は、靴を探している夢だった。


3階建ての温泉宿のようなところの3階の部屋に私は1人で宿泊していた。下の階にある温泉に浸かって帰ってきたら、靴がなくなっていた。

コンビニのビニール袋に入れて、履いてきた靴とは別の靴を持参して部屋に置いていたはずだが、その靴がなくなっていた。履きつぶした黒いスニーカー。

私は靴を探して窓から外に飛び出た。

3階の窓の外は何故か芝生で覆われた斜面になっていた。私は自分が泊まってる部屋の下の斜面を掘ろうとして草をむしった。こんな事をしても無理だと思った。

窓から入って部屋に戻り靴を探したが見つからなかった。

私はドアを開けた。自分の部屋を出て旅館の階段を下りた。1階と2階の廊下を「靴とか靴の足跡とかないかな」とキャロキャロしながら歩いた。見つからないので3階の部屋に戻った。

窓から外へ出て斜面を見ると、謎の誰かが、私が掘ろうとした場所に穴をつくってくれていた。爆発物を使って爆破しながら掘り進めていた。

少しすると反対側とつながったのか、光が見えた。光の穴が大きくなっていき「ああやっぱりここに靴はないな」と私は納得していた。

そこで目が覚めた。

2018年 12月 28日 金曜日

親を見ていると「こんなふうにはなりたくない」とよく思う。心の底から拒絶したくなる部分が見えてくる。しかし親から受け継いだ遺伝子の影響からは逃れられない。

遺伝子と環境が人間の人格や能力を決める。「遺伝子は自分にずっとついてくる環境」と考えると、全部が環境だと考えることができる。遺伝子という環境からは逃げても逃げても永遠に逃げられない。年を取れば取るほど親に似てくる。遺伝子の影響はいつまでも自分に影響してきて長期的に効いてきて、どんな環境よりも影響が大きい環境だ。

だから特別に注意して自分をつくっていかなければ本当にまずいことになる。ただ息をしているだけだと、悪い自分自身の遺伝子に自然と引き込まれて私は悪いことをする。年を取れば取るほど頑張らないと、「絶対なりたくない」って思っていた人間に自分がなってしまう。

2018年12月25日火曜日(クリスマス)

今日はクリスマス。キリストの誕生日。つれづれなるままなのでキリスト教の『聖書』でも読んでみようと思った。

新約聖書の『マタイによる福音書』を開き、第1章から読みはじめる。家系図の組み立てキットみたいな文章からはじまってハードル高い。第1章には、イエス・キリストの誕生の次第が書いてあるようだ。

ただ読んだだけでは頭に残らず流れていくだけで読んだ気がしない。Graphvizを使って図にしてみた。分かりにくい図ができてしまったが、作ってしまったので、せっかくだから見せたい。

f:id:kikkii:20181225141037p:plain

普通に手で家系図を書いた方が読みやすいのが描けたと思う。この家系図は少し蛇 のようだ。これが私のクリスマスの成果。


上の図はGraphvizをそのまま書くのではなくDonutsGraphvizcommon lispで書けるツール)を使った。family-treeという名前の関数に『マタイによる福音書』第1章の内容を写経した。

(defun family-tree ()
  ($$ (& (:layout :dot)
       ;;1:1アブラハムの子であるダビデの子、イエス・キリストの系図。
       (-> "アブラハム" "ダビデ" :label "子")
       ;;1:2アブラハムはイサクの父であり、
       ;;イサクはヤコブの父、ヤコブはユダとその兄弟たちとの父、
       (-> "イサク" "アブラハム" :label "父")
       (-> "ヤコブ" "イサク" :label "父")
       (-> "ユダ" "ヤコブ" :label "父")
       ;;1:3ユダはタマルによるパレスとザラとの父、
       ;;パレスはエスロンの父、エスロンはアラムの父、
       (-> "パレス" "ユダ" :label "父")
       (-> "ザラ" "ユダ" :label "父")
       (-> "パレス" "タマル" :label "母")
       (-> "ザラ" "タマル" :label "母")
       (-> "エスロン" "パレス" :label "父")
       (-> "アラム" "エスロン" :label "父")
       ;;1:4アラムはアミナダブの父、
       ;;アミナダブはナアソンの父、ナアソンはサルモンの父、
       (-> "アミナダブ" "アラム" :label "父")
       (-> "ナアソン" "アミナダブ" :label "父")
       (-> "サルモン" "ナアソン" :label "父")
       ;;1:5サルモンはラハブによるボアズの父、
       ;;ボアズはルツによるオベデの父、オベデはエッサイの父、
       (-> "ボアズ" "サルモン" :label "父")
       (-> "ボアズ" "ラハブ" :label "母")
       (-> "オベデ" "ボアズ" :label "父")
       (-> "オベデ" "ルツ" :label "母")
       (-> "エッサイ" "オベデ" :label "父")
       ;;1:6エッサイはダビデ王の父であった。
       ;;ダビデはウリヤの妻によるソロモンの父であり、
       (-> "ダビデ王" "エッサイ" :label "父")
       (-> "ソロモン" "ダビデ王" :label "父")
       (-> "ソロモン" "ウリヤ" :label "母")
       ;;1:7ソロモンはレハベアムの父、
       ;;レハベアムはアビヤの父、アビヤはアサの父、
       (-> "レハベアム" "ソロモン" :label "父")
       (-> "アビヤ" "レハベアム" :label "父")
       (-> "アサ" "アビヤ" :label "父")
       ;;1:8アサはヨサパテの父、
       ;;ヨサパテはヨラムの父、ヨラムはウジヤの父、
       (-> "ヨサパテ" "アサ" :label "父")
       (-> "ヨラム" "ヨサパテ" :label "父")
       (-> "ウジヤ" "ヨラム" :label "父")
       ;;1:9ウジヤはヨタムの父、
       ;;ヨタムはアハズの父、アハズはヒゼキヤの父、
       (-> "ヨタム" "ウジヤ" :label "父")
       (-> "アハズ" "ヨタム" :label "父")
       (-> "ヒゼキヤ" "アハズ" :label "父")
       ;;1:10ヒゼキヤはマナセの父、
       ;;マナセはアモンの父、アモンはヨシヤの父、
       (-> "マナセ" "ヒゼキヤ" :label "父")
       (-> "アモン" "マナセ" :label "父")
       (-> "ヨシヤ" "アモン" :label "父")
       ;;1:11ヨシヤはバビロンへ移されたころ、
       ;;エコニヤとその兄弟たちとの父となった。 
       (-> "エコニヤ" "ヨシヤ" :label "父")
       ;;1:12バビロンへ移されたのち、エコニヤはサラテルの父となった。
       ;;サラテルはゾロバベルの父、
       (-> "サラテル" "エコニヤ" :label "父")
       (-> "ゾロバベル" "サラテル" :label "父")
       ;;1:13ゾロバベルはアビウデの父、
       ;;アビウデはエリヤキムの父、エリヤキムはアゾルの父、
       (-> "アビウデ" "ゾロバベル" :label "父")
       (-> "エリヤキム" "アビウデ" :label "父")
       (-> "アゾル" "エリヤキム" :label "父")
       ;;1:14アゾルはサドクの父、
       ;;サドクはアキムの父、アキムはエリウデの父、
       (-> "サドク" "アゾル" :label "父")
       (-> "アキム" "サドク" :label "父")
       (-> "エリウデ" "アキム" :label "父")
       ;;1:15エリウデはエレアザルの父、
       ;;エレアザルはマタンの父、マタンはヤコブの父、 
       (-> "エレアザル" "エリウデ" :label "父")
       (-> "マタン" "エレアザル" :label "父")
       (-> "ヤコブ" "マタン" :label "父")
       ;;1:16ヤコブはマリヤの夫ヨセフの父であった。
       ;;このマリヤからキリストといわれるイエスがお生れになった。 
       (-> "ヨセフ" "ヤコブ" :label "父")
       (-> "マリヤ" "ヨセフ" :label "夫")
       (-> "マリヤ" (<> "イエス・キリスト" :color :red) :label "子"))))

REPLで使う。

CL-USER> (ql:quickload :donuts)

CL-USER> (in-package :donuts)

;;上の関数 family-tree を読み込んでから
DONUTS> (family-tree)

関数family-treeの2行めの(:layout :dot)の部分の:dot:neatoとか:fdpとか:sfdpとか:twopiとか:circoとかに書き換えるとレイアウトを変更できる。


(:layout :fdp)

f:id:kikkii:20181225142253p:plain


(:layout :neato)

f:id:kikkii:20181225142227p:plain